オーバーウォッチ:Overwatch Contenders Gauntlet グループステージの感想と最終ステージのトーナメント

グループステージの結果

ダブルシールド構成に支配されたガントレット

全試合を通して、防衛も攻撃もダブルシールド構成がほとんど選択されました。

ダブルシールド構成についてはこちらをCheck!

オーバーウォッチ:メタ考察 なぜダブルシールド構成が強いのか

どのチームもダブルシールド構成による攻め方の熟練度は高い一方、対ダブルシールドへのカウンタープレイが確立されていない印象がありました。
ドゥームフィストのスラムを号令に一気タンク陣が詰め込むことで、一方的に攻め側が勝利するようなシーンが多く、まだまだ現環境への適応や考察が進み切っていないような状況でした。

シグマのウルトの解決力が高く、シグマとドゥームのウルトを重ねて放つプレイは一気にチームを有利にする力があり、積極的に連携してウルトを使うシーンも印象的でした。

今後環境への研究が進めば、攻めのダブルシールド、防衛のハルザリみたいな新しいメタへの考え方が生まれるんじゃないかという風にも考えさせられました。

ただ、プロシーンでの話であり、ランクマッチなどではダブルシールドの防衛を突破するにはかなりの連携が必要な為、
プロシーン以外ではダブルシールドが安定であることは変わりないだろうとは思います。

Finalsステージトーナメント

Winnersステージ

グループステージ優勝チームとシードチームによるトーナメントです。
こちらで負けた場合、Losersリーグで再挑戦ができます。

Losersステージ

グランドファイナルステージ

WinnersとLosersで優勝した両チームによる最終決戦のステージです。
ここでの勝者がガントレットの優勝チームとなります。

 

オーバーウォッチ:Overwatch Contenders Gauntlet グループB編 オーバーウォッチ:Overwatch Contenders Gauntletで知っておくべきこと